家具業界の地図

独学で木造建築士に合格する方法①  木造建築士の受験資格を確認

足掛け3年がかりになりますが、海外在住の僕が木造建築士に独学で合格した方法を紹介します。
僕の本業は家具の設計です。現在、建築に関わる仕事はほぼしていません。ですので、実務経験による知識はほぼ無いといって良いです。
ですので、木造建築士をこれから独学で勉強される方には参考になると思います。
勉強方法は、一級カラーコーディネーターを取得した方法とほぼ同じですが、木造建築士を目指している方向けに、こちらの記事にまとめていきます。

 

木造建築士の受験資格はありますか?

「さぁ、木造建築士を取得しよう」

とおもっていきなりテキストを手にとるのも悪くないですが、勉強を始めるにあたって必要なものを確認していきましょう。
そもそも、あなたが本当に「木造建築士」を受験できる資格があるかどうか、まずこれを確認したほうがよいですね。

二級建築士試験・木造建築士試験
学歴(指定科目を修めて卒業)等 建築の実務経験年数(旧要件)
大学[旧制大学を含む] 0~2年以上[建築課程卒0年](土木課程卒:1年以上)
短期大学 0~2年以上[建築課程卒0年](土木課程卒:1年以上)
短期大学 0~2年以上[建築課程卒0年](土木課程卒:1年以上)
高等専門学校[旧制専門学校を含む] 0~2年以上[建築課程卒0年](土木課程卒:1年以上)
高等学校[旧制中学校を含む] 3~4年以上(建築課程卒3年以上)(土木課程卒3年以上)
建築に関する学歴なし 7年以上
その他都道府県知事が特に認める者[「知事が定める建築士法第15条第3号に該当する者の基準」に適合する者]
建築設備士 0年

http://www.jaeic.or.jp/shiken/k-seidozenpan/index.htmlから引用

木造建築士の受験資格は、2級建築士とほぼ同じですね。
そのわりに業務内容が制限されているので、木造建築士を受けるくらいなら2級建築士を目指す人が多いんですよ。
これを見ればわかりますが、木造建築士はかなりマイナーな資格です。

一級建築士:366,755人
二級建築士:761,558人
木造建築士: 17,825人
(平成29年4月1日現在)

http://www.jaeic.or.jp/shiken/k-seidozenpan/index.htmlから引用

あなたが、建築設計のお仕事をされているなら、2級建築士を目指した方が良いと思いますよ。資格の取得者が少ないということは、「取得してもあまり意味が無い」と思われているからでしょう。
2級建築士と木造建築士試験の難易度を比較すると、木造建築士の方が出題範囲が狭い分難易度が低いです。2級建築士へ予備知識として勉強をはじめるにはいいですが、1級建築士を目指しているなら、木造建築士を合えて受ける必要はないでしょう。

まずは、木造建築士を取得する意味をもう一度よく考えてみて下さい。
僕も「2級建築士と木造建築士どちらを受けるか」ずっと悩んでいました。
僕の場合は、本業が建築設計でないこのと、海外在住ということで、出題範囲が狭く難易度が低い木造建築士を受けてみることにしました。
学科を真面目に勉強したのは約1年未満、設計製図を勉強したのは6ヶ月未満でした。
独学でも、しっかりした計画を立てて、1日1時間程度の勉強時間をあてれば合格できます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

新着記事