家具の知識 お店編

家具のプロが教える 家具を買う前に知っておきたいこと お店編

日本の家具業界では、ニトリがすっかり有名になり、ニトリの一人勝ちのようになっています。
しかし、ニトリは輸入品がほとんどですので、国産の家具はほとんど置いておりません。

もし、国産家具を買いたいなら、地域の家具専門店に行きましょう。
まず、自分の住んでいる地域にどんな家具屋さんがあるか、知っておきたいですね。
一言に家具屋さんと言っても、ニトリと先日お家騒動で話題になった大塚家具では、
置いている商品が全く違います。
他にもフランフランやケユカなどのインテリアショップ、
ディノスなどの通販、そして最近はAmazonや楽天などのネットショップでも家具が買えるようになりました。

さまざまな業態がありますので、整理して紹介したいと思います。

全国展開の家具・ホームファッションのお店

全国展開の家具店てほとんどないんですよね。
ニトリも元々は北海道で創業して、段々と南下しながら大きくなってきたんです。

<ニトリ>

 誰もが知る日本で最大規模のホームファッション店。
 家具業界のユニクロと言われています。
 2015年2月まで28期連続増益という、超優良企業です。
 価格帯は下~中クラスまで、10万円を超える商品はあまりないです。
 扱う家具は、中国やASEANからの輸入がほとんどです。

 ですので、以前は価格が安いが品質が悪い、

 というイメージがありました。
 しかし現在は、ホ◯ダのOBが統括する品質業務改革室が成果をだして、
 低価格高品質の商品を実現しています。
 アメリカ・台湾・中国にも出店して、さらに店舗数を拡大していくようです。
 ただし、大部分が輸入品のため、国産商品はほとんどありません。
高級家具を買いたい方は、地域の家具専門店に行かれた方がいいです。

 

ウェブサイト

ニトリ公式企業サイト

【ニトリ】公式通販 家具・インテリア通販のニトリネット

<イケア>

家具の本場北欧から上陸したホームファッションのお店です。
北欧のデザイナーがデザインしているので、
垢抜けていてかわいい商品が多いです。
また、家具専門店のバイヤーがびっくりするくらい安いです!
しかし、基本的に組立家具なので作りが安っぽい、
塗りつぶしやシート貼りの仕上げがほとんどなので、
長く使える家具ではないと思います。
小さい子供がいる20~30代のファミリー向けの商品ですね。
店内は、大きくて順路が決まっており、普通に歩いてもレジまでたどり着くのに
1時間位かかるのではないでしょうか。
子供連れで訪れると半日~1日は時間を潰せます。
いつも土日は、ファミリーで混み合っていますね。
ウェブサイト

イケア・ジャパン 株式会社 – IKEA

<リビンズグループ>

2015年現在、全国37府県、120店超の店舗が加盟するインテリアチェーンです。
地域の家具屋さんの協同組合のようなものですが、
日本で一番大きな規模のグループです。
海外仕入れも積極的に行い、リビンズオリジナル商品も開発しています。
上記のニトリやイケアと違い、もともとは家具専門店の寄り合いですので
低下価格のものから、国産やヨーロッパ家具などの高級家具まで、
幅広い商品の取り扱いがある店が多いです。

ウェブサイト

家具・インテリアのリビンズグループ

 

<ジェフサグループ>

2015年4月の時点で、全国76店舗の店舗が加盟するボランタリーチェーンです。
基本的には、上記リビンズと同じ業態です。

後から、地域店として紹介する村内ファニチャーやファニチャードームも加盟しています。

ウェブサイト

ジェフサ

 

<NICグループ>

NICは約30店舗が加盟するインテリアチェーンです。

ウェブサイト

ニッポンインテリアチェーン

ホームセンター併設の大型店

<ナフコ TWO ONE STALE>

西日本をメインに展開しているナフコはホームセンターを主力に家具を併設している大型店が多いです。
店舗数は200店舗以上あり、ニトリに次ぐ店舗数をほこりますが、東日本ではほとんど知名度がありません。
最近は、関東エリアにも進出しつつあります。
家具は安価〜高級品まで幅広い品ぞろえです。
ウェブサイト

株式会社ナフコ | HOME

ナフコ TWO-ONE STYLE

<島忠>

西のナフコがあれば、東の島忠あり。
ホームセンター併設店が多いですが、家具専門店もあります。関東がメインですが、関西にもあります。
店舗数こそナフコに及びませんが、家具の売り場面積が広く、品ぞろえはナフコより充実しています。
国産家具はかなり充実している印象ですが、輸入品の安価なものもあります。
ウェブサイト

家具・ホームセンターの島忠・HOME’S(ホームズ) シマホ

<山新>

関東北部中心に店舗展開しています。
ホームセンターとの併設が嬉しい店です。
ウェブサイト

株式会社山新

地域別 家具・ホームファッションのお店

東日本エリア

<IDC大塚家具>

お家騒動ですっかり有名になりました。昔ながらのマンツーマン営業のお店で高級家具がメインの商材ですが、社長交代してお手頃価格の商品も増えつつあるようです。
ウェブサイト

家具・インテリアのショールーム IDC大塚家具

<東京インテリア>

関東エリアで活躍していますが、北上・南下がはじまっています。
とにかくお店が大きいので見応えがあります。
上の階に行くほど高級家具が並んでおり、ほとんど客がおらずショールームと化しています。
こんな高い家具を買う人もいるんだ〜と感心してしまいます。
ウェブサイト

インテリア・収納|東京インテリア家具

<家具の大正堂>

東京・神奈川エリアの家具専門店です。店舗は広くて価格帯にも幅があり、充実した品ぞろえです。
ウェブサイト

家具・インテリアを東京・神奈川でお探しなら、ルームズ大正堂

<村内ファニチャー>

上記の大正堂とエリアがかぶりますが、関東の老舗です。村内美術館はあり、BMWの正規ディーラーでもあります。

家具・インテリアの専門店 村内ファニチャーアクセス 

<かねたやルームデコ>

千葉エリアを中心に店舗展開しています。有名なのは、東京ビッグサイトで毎月行われている店外催事です。
とにかくすごい数の人が集まるようです。関東エリアに住んでいる方は一度行ってみてはいかがでしょうか。
ウェブサイト

かねたやルームデコ | 千葉県のインテリア家具・アウトレット

<服部家具センター>

中部エリア中心に店舗展開しています。海外仕入れにかなり力を入れており、裾物商品はニトリと対抗しています。また、アウトレット店や吹き上げホールでの催事など、お得感のある仕掛けが多いです。
ウェブサイト

服部家具センター | 学習机・婚礼家具・ベッド・ソファ等

<ファニチャードーム>

名古屋で服部家具センターと対抗している家具専門店です。
ドームというだけあって、大型店なのが特徴です。品ぞろえは裾物から高級家具まで充実しています。
ウェブサイト

家具・インテリア・雑貨のメガストア ファニチャードーム

<スウィートデコレーション>

北海道で展開しています。
特徴は、展示コーディネートの技術です。とにかくお部屋をデコりたい、という人は一度行ってみると良いのですが、北海道にしかないんですよね。
ウェブサイト

長谷川産業株式会社 SWEET DECORATION

西日本エリア

<マナベインテリアハーツ>

関西〜中国エリアで展開しています。
ホームファッション・お手頃価格の家具から国産家具までそろっており、気軽に入って買い物しやすいお店です。
ウェブサイト

ホームファニシングのマナベインテリアハーツ

<太陽家具>

中国エリアで展開している老舗です。
ウェブサイト

太陽家具-LifeStage TAIYO | お気に入りの家具をそろえて 

 
 

<SAKODA>

イケアのような大型店で、ホームファッションも充実しており、買い物をしていて楽しくなるお店です。本店は鹿児島ですが、九州エリアではかなりのシェアを占めているようです。
 
ウェブサイト

SAKODAホームファニシングス

 
 

インテリアショップ

あるコンセプトに基づいてライフスタイルを提案するお店です。
デザイナーを起用したオリジナル商品があり、根強いファンが多いです。
同等品を家具専門店の価格と比べると割高感がありますが、それでもブランド力があるので売れるんですよね。
また、インテリアショップはカタログが充実しているのも一つの特徴です。

KEYUCA -インテリアショップ ケユカ-

インテリアショップ unico | ブランドサイト

Francfranc(フランフラン)公式サイト

ACTUS(アクタス)|インテリア・家具・ソファ・チェア

無印良品

北欧家具 北欧インテリアのBoConcept ボーコンセプト

通販

もともとはカタログ販売の通販ですが、いまではネットショップの台頭で、どの通販も苦戦をしているようですね。

通販のディノス オンラインショップ

カタログ通販ベルーナ(Belluna)

【ニッセン】カタログ 通販 ニッセンオンライン

通販(通信販売)|ベルメゾンネット

ネットショップ

ネットショップの二大巨頭です。

 家具 – 通販 | Amazon.co.jp

【楽天市場】インテリア・収納 |インターネット通販

マインドマップを活用した資格試験勉強法PR

関連記事

  1. wood-446193_960_720

    家具の知識 材料編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP