会社の生産性を上げるための歯車に必要な能力

最近、日本企業は生産性が低いという記事をよく見かけるようになりました。
この方の発信ですね。本の宣伝のためか、本気かわかりませんが

会社の歯車の行く末

会社にたくさんの優秀なプレイヤーを揃えたとしても、歯車になる社員が優秀でないと、プレイヤーの能力は活かせません。
プレイヤーが好き勝手に作業していても、それが会社の方向性と合っていなければ、生産的な活動とならないからです。

でも日本の企業は、プレイヤーに歯車の能力も求めるんですよね。いわゆる日本人の会社員がジェネラリストが多いといわれる要因です。
そうすると、歯車になることに時間をとられるので、プレイヤーの能力を発揮する時間が少なくなります。

また、歯車の能力は出世争いに必要な能力なので、プレイヤーとして能力がないのに歯車の能力を発揮して出世する人もいます。それがいままでの日本の企業です。
中小企業の部長クラスはそんな感じです。
プレイヤーとしての専門知識が多少あるものの、本当の専門家と比べると弱いんですよね。

だから、会社の人材としては中途半端なのです。
もし、その人が会社をやめて他の企業に行こうとしても、持っているのは人脈のみで、専門知識はたいしたことありません。
僕の周りにはそんな元管理職のオジサンがたくさんいます。

で、結局その元管理職がどうなるかというと、僕みたいな年下の人間にこき使われるようになるんです。
特定の会社で歯車能力を磨いても、本当のマネジメント能力か、本物の専門知識を身に着けていないと、他の会社に移ってもたいした成果を上げることができないのです。

歯車能力を身につけるならどこでも対応可能な能力を

歯車能力は、簡単に言えばコミュニケーション能力と調整力、それと社内営業力。
人と人の間に入って、いかに成果を出すかという能力です。
ただし、特定の会社で、しかも同じ職場で何年も勤めて管理職をしていると、新しいことを取り入れようともせず、ずっと同じことを繰り返すだけなんですよね。
それをしてしまうと、他の会社に行って通用するのは、コミュニケーション能力と社内営業能力だけです。
調整力というのは幹部になってしまうとあまり必要がなくなってしまうので、磨かないんですよね。現場だけでは身につかない知識や能力も必要です。

もし、歯車能力を磨くならマネジメントの勉強をしてください。
部下のやる気を出させて、成果を出させる能力です。
仲のいい部下とか面倒を見ている部下とかいう特定の部下でなくても、通用する能力が本当のマネジメントです。

歯車能力をみがくなら一流を目指しましょう。

現場から社長まで上り詰めた人の能力

最近、元社長と仕事をするようになりました。
元社長といってもいろんな社長がいます。二代目の社長とか、起業したけど失敗した元社長とかです。
このタイプの社長は、会社員には向きません。
最初から上に立っていた人間なので、権力だけで人を動かしてきたからです。

それで、下から上がってきた元社長は、本当に調整力が高いんですよね。
突き抜けた歯車能力を持っているので、人を動かすのがうまいです。

すでに僕も動かされはじめています。
いままで、自分がやっていた歯車としての仕事も、僕より上手くやってくれそうです。

しかし、専門的な知識があるかというと、まあそれなりなんですよね。
話を聞いていても器用貧乏にいろいろやってきたようで、能力として高いのはコミュニケーションと調整力でした。
典型的な日本の会社員ですが、調整力が高いので、バラバラに動いていたプレイヤーを正しい方向へ向きを変えていくことで、かなり成果があがりそうです。

伸びている企業と落ちている企業

伸びている企業は、結局この歯車がいかに上手くまわっているかに尽きるのですが、僕のいる家具業界では、社員の特徴によって明暗がはっきりとしてきました。
考え方は、歯車を社内だけで回すか、社外(取引先)を回すかの違いなんですけどね。
それを分かっていない企業は、売上が落ちつづけています。




人気記事

PAGE TOP