【レビュー】人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ

パレートの法則

この著者のリチャード・コッチは「80対20」の法則としておりますが、一般的にはパレートの法則として知られております。

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論です。

要は、会社に当てはめると、約2割の顧客だけで、会社の売上(もしくは利益)の約8割を生み出している、ということです。

これについて、僕自信も検証したことがありますが、ほぼそのとおりでした。

僕が別で運営しているメインブログに当てはめて検証してみましょう。

2018年5月のPV数(ページビュー数):20,470

総記事数:270

上位20%(54記事)の合計PV数:14,404

14,404/20,470=70.3%

8割とはいかないけれども、かなり近い数値になっております。

80対20の法則を活かした会社経営

著者リチャード・コッチの本業はコンサルタントです。

この80対20の法則を企業のコンサルティングに取り入れて成果を上げています。

この法則を企業の施策に取り入れる方法

売上と利益の高い顧客や商品を絞り出す

       ↓

その顧客や商品への営業に力を入れる。その他は極力人件費を削る。もしくはやめる。

「どのお客様にも平等に対応する。」というのは体裁はいいですが、会社の経営法としては効率が悪い。

売上と利益を生む顧客や商品に力を注ぐのが一番大事だということ。

80対20にこだわることではない

「全てが80対20になるのか」というと、そうはならないことも著者リチャード・コッチも十分に理解しています。

大事なことは、「50対50になることはめったにない」ということです。

ほとんどのことが、アンバランスで成り立っており、「50対50」というバランスがとれていることはめったにないです。

天秤にかけて重さを測ったことがある方は、ご存知だと思いますが、計測物と同じ質量の重りを載せるのは簡単ではありません。

また、力学を勉強されたことがある方は、わかると思いますが、動かないものにも力が働いているということ。静止していても重力という力が常に働いています。

ドラゴンボールで悟空が界王星に着いた時、地球の重力の10倍の界王星では、悟空でさえ立って歩くことが困難でした。

バランスをとるということは、常に力がかかり続けていること。

どちらかの力が強くなるか、弱くなれば、50対50というバランスはあっという間に、60対40をへて70対30に、そして80対20になってしまいます。

ですので、「現状維持」という言葉は、「何もしない」というような意味にとれますが、実際には力をかけ続けなければ、「現状維持」さえできない。

「現状維持」といって何もしない会社は、結局はマイナス成長になり、社会から淘汰されていってしまう。

だから、80対20の法則を活かして、2割の大事なインプットに注力し、8割のアウトプットを得るよう考えなければならない。

僕の経験に落とし込んで考えてみると、ブラック企業時代の6年間、仕事時間だけは長かったものの、仕事の質が悪く、後半の3年間はほとんど成長しなかった。

むしろ、インプットを怠っていただけに、マイナス成長していたに近い。

日本人の著書で

「仕事時間を長時間とることで成長する」

「仕事時間の長さ=成功の確率」

のようなものを目にするが、これは仕事の質が良くて初めて成立する法則。

かつての僕のように、やる気なくダラダラと長時間働いていても、いつまでたっても成功なんてしやしない。

ダラダラと働くくらいなら、インプットに時間をかけた方がよっぽどよいい。(でも、アウトプットも必要)

そのインプットを最大限に活かすのが80対20の法則になる。

人は、行動やアウトプットに時間をかけすぎるし、それが成功の元と思っている人が多い。

確かに、成功している人は行動やアウトプットも人並み以上の成果を上げているが、インプットを効率的にして行動に活かしています。

興味がある方は、著書を読んでみてくださいませ。

関連記事

  1. 家具業界で伸びている会社 落ちている会社 社員の特徴

  2. 【レビュー】必ず食える1%の人になる方法

  3. 「空気」になったニトリのビジネスモデルを分析 ニトリが家具業界で1強になった理由

  4. 家具業界で働く人々

  5. 日本に三大家具メーカーはあるのか?

  6. これからの家具デザイナーに必要な資格

  7. TOC(制約理論)は生産を上げるのだけの理論ではない

  8. 【レビュー】人工知能は人間を超えるか~ディープラーニングの先にあるもの~

PAGE TOP