建築家やインテリアデザイナーがWEBでセルフブランディングする方法

建築家やインテリアデザイナーというのは、人気業という一面があります。
雑誌やテレビや取り上げられたり、コンペなどで入賞すれば、仕事の依頼が一時的に増えることでしょう。

しかし、雑誌やテレビなどでの宣伝効果というのは、一時的です。
ですので、仕事の積み重ねで、信用と実績を得てブランディングしていくのが、王道と言えます。

たとえば、建築の世界で独立するのにあたってけっこう重要なのが
「どこの設計事務所出身か?」
だったりします。

世界的に有名な日本の建築家「安藤忠雄」や「隈研吾」の事務所出身といえば、かなり箔がつきます。
もちろん、有名どころの設計事務所に勤めている人は、学生時代からそれなりに優秀な人であることは事実です。

じゃあ、無名な設計事務所出身の人はどうしたらいい?
一つは、コンペなどで入賞することですよね。
だけど、上に書いたようにコンペなどで入賞しても、有名になるのは一時的で、継続的な集客には結びつきません。

そこで、定期的に集客するために、WEBでセルフブランディングと情報発信1つの有効な手段です。
建築家やデザイナーがホームページを持っていることは多いですが、集客のための情報発信をしている人は少ないです。
いまからでも、WEBで情報発信しながらセルフブランディングをしてみませんか。

※実力と実績がある人前提に記事を書いています。
実力も実績もない方は、まずは努力を重ねて、実績を出しましょう。WEBでいくらイキっても、実際の仕事になれば化けの皮は剥がれます。

ブログやSNSで情報発信する

ホームページを自分のポートフォリオ代わりに、作品や実績をアップしている方は多いと思います。
しかし、実際にそのホームページのアクセスはどれくらいあるのでしょうか?
せいぜい一日に10人とかではないでしょうか?

そこで、ホームページへの集客に有効になるのが、SNSやブログといったツールになります。
建築家やインテリアデザイナーは、作品を生み出す過程で、思考するものの、その思考過程を言葉にして発信する人が少ないです。
視覚的に出来上がったものをアピールするのは、もちろん有効な方法です。
しかし一般の人は、作品が出来上がる過程や、その途中の考え方にも面白さを感じることもあり、ストーリーに読みながら出来上がったものを見ることで感情移入することも出来ます。

だから、SNSやブログで自分の作品の過程を公開したり、その作品のストーリーを伝えることで、共感者を増やして、集客につなげることが出来ます。
しかも、あなたのブログなどを読んで、あなたの考え方を理解したお客様なら、コミュニケーションをとりやすくなります。

SNSとブログからはじめて、WEB有名人をめざしてみてはいかがでしょうか。

WEB集客に最低限必要なSNSとブログ

WEB集客に最低限必要なSNSとブログを紹介します。

TWITTER

ツイッターはフォローのし易いツールで、拡散力があります。
ちなみに、建築やインテリア情報では、雑誌に載っているようなツイートはみますが、革新的なツイートはあまりみられません。
有名建築家批判やデザイナー批判など、議論をするツイートをしたら盛り上がると思うんですけど、拡散力があるだけに諸刃の剣ではあります。
建築家やデザイナーの方のツイートは、ほとんど自分の宣伝ばかりですが、ファン以外の人あまり興味ありません。
「専門家では常識だけど、一般人の知らないこと」
を発信することで、フォロワーが増えていきます。投稿は質も大事ですが、量を意識しましょう。

椅子ラボのツイッターもフォローもお願いします。

INSTAGRAM

画像メインのSNS。
自分の作った作品をUPするには良いツールですね。
ただし、アップする画像は慎重に選びましょう。
つくった作品が良くても、写真のとり方がダサかったりすると、逆ブランディングになります。
量よりも質を重視した方が良いです。

椅子ラボのインスタもフォローしてくださいね。

無料ブログ

ブログは、アメブロ・はてなブログ・ライブドアブログなど有名な無料ブログがたくさんあります。

無料ブログの良いところは、コミュニティツールがあることです。定期的に建築やインテリア情報を発信していれば、興味のある人が読者登録してくれます。
しかし、無料ブログの場合は、ブログ内競合が多いため、Google検索によるアクセスがあまり期待できません。
また、デザインも限られていて、オリジナリティが出しづらいのがデメリットです。

ブログでブランディングするならWordpressがいい

WordPress(ワードプレス)という言葉聞いたことがある人も多いと思います。

WordPressならホームページも作れますし、ブログとして使用することもできます。
デザインも豊富で、オリジナリティのあるカスタマイズが可能です。
Wordpressの強みは、独自ドメインを取得することでGoogleからの一定のアクセスが見込めることです。

僕みたいに自分で独自ドメインの取得からデザインカスタマイズする方法もあるし、プロに頼んでWordpress立ち上げまでを外注し、ブログ記事だけ自分で投稿する方法もあります。
ここでは僕が使用しているWordpressテーマを紹介します。

VOGUE

建築家の方ならこのWordpressテーマがオススメです。
WordPressテーマ「VOGUE(TCD051)」

このテーマを使って僕が作ったサイトがこちらです。

IZM

IZMは当サイトに使用しているテーマです。

TCDというサイトでは他にもデザインにこだわったWordpressテーマが販売されています。
建築家やデザイナー向けのテーマがほかにもあります。是非TCDのサイトを覗いてみましょう。

やってはいけないSNSの使い方

SNSの使い方を間違えると逆ブランディングになります。
こんな投稿はしないように気をつけましょう。

弱者を批判する投稿

自分より弱い立場の人を批判するのは簡単です。批判するなら、自分より強い立場の人。
大きな敵に立ち向かうイメージの投稿なら、高感度アップ。
「自分の業界の悪習慣を改善していきたい!」
みたいな

他社の機密漏洩になる投稿

他社のショールームや工場は許可無しでSNSに投稿するのはモラルがない
メーカーで開発中の商品などは、メーカーに確認してから投稿しましょう。

ダサいブログの使い方

ブログの場合は滞在時間が長くなりますので、慎重に作り上げて行きましょう。

何がいいたいのかよくわからない記事

下記はじめの頃は文章がヘタなのはしょうがないですが、公開前に何度も読み直して、読者に意図が伝わるかどうか確認しましょう。
「言いたいことが伝えられない」
というのは何か問題があります。

WEBでの情報発信のコツ

建築家やデザイナーもWEBマーケティングが必要な時代です。
というか、僕たちのように王道から外れた無名な人が、のし上がっていくにはWEB上のツールが非常に重要になります。
しかし、他の人と同じやり方や同じような内容を発信していても意味がありません。

自分なりの思想やコンセプトを持って情報発信していきましょう。

僕なら
「コストと構造とデザインをバランスよく設計できる椅子専門家」
というポジショニングをとっています。

だから、デザイン重視でコストを気にしないデザイナーに対しては手厳しいポジショントークを発信します。

建築家やデザイナーが作り上げるものの軸には、自分なりの思考や思想があるはずです。
それを自分の魂に従いながら、発信してば良いわけです。
あなたが会社勤めでもいいと思います。将来的に独立を考えているなら、SNSでの発信やブログを是非はじめてみてましょう。
わからないことがあれば相談に乗りますので、いつでもCONTACTから連絡下さい。

関連記事

  1. 今年の目標は数年後には達成できる!? 目標設定をもう一度見直そう

  2. 家具デザイナーを目指すなら、島崎信氏がさり気なく書いた「デザイナーの資質とは?」をよく理解したい

  3. あなたは知ってる? アーティストとデザイナーの違い

  4. カラーコーディネーターの知識を活かせる仕事

  5. カラーコーディネーターの知識を活かせる仕事

  6. これからの家具デザイナーに必要な資格

  7. 家具業界で働く人々

  8. セルフイメージを上げるとうまくいく? ヒーローリストを作ろう

  9. クリエイターやアーティストが簡単にオリジナルグッズを作れる【スズリ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




人気記事

PAGE TOP