何かに行き詰っていると感じたときにはどうすればいいのか

PR)どんな資格を取ればよいか

仕事でも、恋愛でも、趣味でもなんでもいいですが、人生に行き詰まることってありますよね。
行き詰まると飽きるはちょっと違うのですが、行き詰まっている状態って、言い方を変えると壁にぶち当たってる状態ですよね。
こう感じるということは、実はすごく前向きな状態で、この壁を乗り越えれば新しい世界が見えてきます。

でも、実はわざわざ乗り越えなくても、実は壁には扉があって、その扉が見つかっていない状態なのかもしれません。

そんなときには、どうしたらいいでしょうか?

普段と違うことをやってみる。
普段と逆のことをやってみる。

押してダメなら引いてみろ、みたいな感じですね。

例えば

  • 普段と違う道を歩いてみる
  • 普段読まないようなジャンルの本を読んでみる
  • 普段観ないテレビ番組を観てみる
  • 普段話さない人と話してみる
  • 普段降りない途中駅で降りてみる
  • 普段使わないコンビニへ行ってみる
  • 普段食べない料理を食べてみる
  • 普段より早く寝てみる
  • 普段より早く起きてみる
  • 普段とは違う記事を書いてみる

とにかく、逆張りの発想をしてみましょう。
普段とは逆の行動ををしてみると、意外なところから面白いアイディアが出てきたり、新しい発見があったりします。
また、新しい出会いがあったりするかもしれません。

あなたも、「何かに行き詰まっている」と感じたら、普段とは違う行動をしてみてください。

関連記事

  1. 家具の物販アフィリエイトは、Amazonと楽天どちらがよいのか

  2. 現状維持を実現できない本当の理由

  3. マレーシア国際家具展示会2019で目の当たりにした、マレーシア家具の行方

  4. 「令和」の家具業界で重要な3つのキーワード

  5. 日本の家具店がニトリだけになる時代がくるのか? 2017年家具業界売上げランキングから未来をみる

  6. 【どうせやるなら徹底的に!】中途半端にやるなら寝ていた方がマシ

  7. 【後悔しないために】自分の人生を思い通りにしたいなら 選択力を磨くべき

  8. ネット社会に葬られる小さな家具店と運送会社に葬られるネットショップそして進む寡占化と二極化

  9. 【人生を変える書籍】7つの習慣との出逢い 




人気記事

PAGE TOP